広島市のリフォーム・自然素材・中古住宅リフォームの夢職人:佐々木順建設



ブログカテゴリ






会社案内
人気記事ランキング



こんにちは和田です。
いつもご覧頂きありがとうございます。
本日は左官工事・塗装工事をご紹介させて頂きます。


まずは左官工事からです。
こちらが解体後の壁の様子です。







石膏下地塗り→珪藻土仕上げ
という順番で施工を行っていきます。






石膏下地を塗っている様子です。







職人さんの手で丁寧に仕上げます。















続いて珪藻土塗り仕上げです。




珪藻土とはー

藻類(プランクトン)の死骸が、海底や湖底に長年にわたって堆積してできた粘土状の泥土で、
保湿・断熱・防露・調湿・遮音・脱臭などの機能を持ち、
古くからコンロ・耐火れんがの原料や、ビールの濾過材・吸着材・脱臭材などとして幅広く利用されてきたものです。

こちらが施工の様子です。



今回はこて押さえという塗り方で仕上げていきます。






工事完了です♪








続いて塗装工事をご紹介していきます。

今回の工事では

☆自然塗料いろは
安心安全な原料のみを使用し日本古来の天然顔料「べんがら」から作り出す
美しい日本の風景によく似合う落ち着いた色です。
また、木が呼吸をする塗料ということで木の温かみが素肌にそのまま伝わります。

☆コーティング塗料マシュー
強いコーティング塗膜で白木をシミや汚れから守ります。
また、ホルムアルデヒトなどの有害化学物質を含まない健康へ配慮された身体にやさしい塗料です。


今回の塗装工事ではこの二つの塗料を使っていきます。


天井の塗装の様子です。







ここでは自然塗料いろはを使います。
美しい木目を生かすようクリアという色を使用しています。



同じ塗料で床も仕上げていきます。
















こちらが仕上げ前と仕上げ後の写真です。



































続いて脱衣室を仕上げていきます。
脱衣室も同じような要領で仕上げていきますが、
こちらは水汚れに強いマシューという塗料を使用します。

















工事完了です♪



本日のご紹介はここまでです。次回は完成の様子を紹介していきますので、お楽しみに♪


| 工事ブログ::己斐 K様邸 自然エコリフォーム工事 | 04:08 PM |
資料請求 お問合せ
こんにちは和田です。
いつもご覧頂きありがとうございます。
本日は解体後の仕上げ工事をご紹介させて頂きます。


解体後の床仕上げの流れとしましては

床組み→下地張り→床張りです。

先日解体後の写真をアップしましたのでそれ以降をご紹介させて頂きます。





床組みの様子です。



床の下地張りの様子です。
このような仕上がりになります。




最後に床を張っていきます。 
先日ご紹介した通り桧を張っていきます。








工事完了です。
脱衣室の床も同じように行っていきます。










| 工事ブログ::己斐 K様邸 自然エコリフォーム工事 | 07:39 PM |
資料請求 お問合せ
岩谷です。
引き続いてK様邸リフォーム工事をご紹介させて頂きます。


リビングの施工前です。
元々は床は合板の上にカーペット、壁天井はビニールクロスでした。
ここも床を剥ぎ、桧の無垢板の床と珪藻土の壁、杉板の天井という仕様になります。




解体完了です。


| 工事ブログ::己斐 K様邸 自然エコリフォーム工事 | 10:52 AM |
資料請求 お問合せ
岩谷です。
己斐東K様邸リフォーム工事をご紹介させて頂きます。








浴室解体工事
タイル貼りの浴室でしたが最新のユニットバスに変わります。



洗面室解体工事の状況です。
30〜40年前の建物ですが木の香りのする優しく快適な洗面室になります。
床は桧、壁も天井も桧になります。
工事の進捗状況もアップしていきますのでお楽しみに。



解体完了です。
お風呂は大きめです。
今回ユニットバスになりますがそれでも大きな浴室になります。


| 工事ブログ::己斐 K様邸 自然エコリフォーム工事 | 08:45 AM |
資料請求 お問合せ